地に足をつけ、黙々と坦々と。
| Admin | Write | Res |
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
こんなやつです
HN:
mahae
性別:
非公開
自己紹介:
東北出身、南の島在住。
日々それぞれ
あの〜
[09/27 まみたん]
[09/14 まみたん]
ブログ内検索
「クミスクチン」はインドネシア語で「猫のヒゲ」の意味。
弧を描いてピンと伸びるおしべ・めしべが猫のヒゲに似る多年生草本。
沖縄方言もクミスクチン。

花は四角柱の茎の頂に総状に咲き、花序はだいたい8〜10段で,各段に6個の花が輪生する。
だから、一つの茎に8×6=48個〜10×6=60個の花が咲く。
開花の瞬間が面白いらしく、パイプ状の小さいつぼみの中に蘂(しべ)がゼンマイのように巻かれて収められていて,それがつぼみを押し広げて割って出てきて,まもなくスルスルと伸びていくんだって。



インドネシアの民間薬で,「葉に苦味成分のオルソシフォリンなどを含み,腎炎,水腫,尿路結石などに広く用いられる。また利尿効果のある茶剤として,広く利用される」という。
沖縄でも,ウコン,グワバなどと並んで,薬草茶として利用されている。
引用:大阪薬科大学HP



お茶は知ってたので、ぜひ花を見たいと思ってたんだよねぇ。

サギ草みたくて可憐(ハート)
アタシもかくありたいな。
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass
<<  │HOME│    夕日 >>

[348] [346] [347] [299] [343] [342] [287] [339] [332] [312] [335]
phot by Art-Flash * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you