地に足をつけ、黙々と坦々と。
| Admin | Write | Res |
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
こんなやつです
HN:
mahae
性別:
非公開
自己紹介:
東北出身、南の島在住。
日々それぞれ
あの〜
[09/27 まみたん]
[09/14 まみたん]
ブログ内検索
今の時期、いたる所で見かける花。
畑はもちろん、庭先にも。



ツルレイシ(蔓茘枝)は、未熟な果実を野菜として利用するウリ科の植物。
果肉が苦いため「ニガウリ」、沖縄県では「ゴーヤー(県外の人はしばしば「ゴーヤ」と発音するが、正しくは語尾が伸びる)」
抜粋: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ニガウリの苦み成分と栄養価
ニガウリ特有の苦みのもとはキニーネ成分を含んでいるためで、東洋医学にも利用され、糖尿病によいと考えられています。
一方、栄養素として特筆すべきはビタミンCで、品種によって違うものの80〜250㎎で、キュウリの10倍も含まれます。他の栄養素はキュウリとよく似ていて、目立つのはカリウムとカロテンで、水分は94%と多く、エネルギーは最少クラスです。しかも、油炒めをしたニガウリのビタミンCの含量は生と変わらないのが特徴です。
(塚本洋太郎総監修(比嘉照夫執筆):園芸植物大事典、自家採種ハンドブック出版委員会訳:自家採種ハンドブック、一橋出版:五訂新版食品成分表より)

油炒めをしてもビタミンCが失われないって凄いよなぁ。
野菜の少なくなるこれからが最盛期。
もともと癖のあるものが好きだから、ゴーヤーが豊富にあるのは嬉しい。
ちょっと企んでる事があるから、明日にでも報告出来ると良いなぁ。
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass
phot by Art-Flash * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you