地に足をつけ、黙々と坦々と。
| Admin | Write | Res |
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
こんなやつです
HN:
mahae
性別:
非公開
自己紹介:
東北出身、南の島在住。
日々それぞれ
あの〜
[09/27 まみたん]
[09/14 まみたん]
ブログ内検索
故郷を出て5日 まったく雨が降らなかった。
この時までは。。



大正3年に大噴火したときに埋没した黒神埋没鳥居。
この鳥居を見るつもりはなかった。
入浴にたっぷり時間を割いたので ただ単に 一周するだけで走り出した。
10分もしないうちに 大粒の雨
素晴らしいタイミングだなぁ と 感心しながら 南国特有のスコールを
注意しながら楽しんでた。

フッと目に入った看板 黒神埋没鳥居

歩くには ずぶ濡れになる大雨なので 『ここなんだぁ〜』と通り過ぎようとしたら 道路から見える!!
カメラを用意して シャッターを押すときだけ窓を開けたのに 内ドアは思いっきり濡れてしまった。
以前 オバァが言ってたっけ。
「興味半分で近づくんじゃないよ。」
そうか 多分晴れてたら アタシは調子こいて 鳥居の近くに行ってただろう。
大雨は アタシを鳥居に近づけない為に降ってくれたんだろうな。

桜島を後にした時には こんな天気ですから。



自然への感謝と畏怖を改めて感じた。

桜島の噴煙をおみやげに頂いちゃった


この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass
phot by Art-Flash * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you