地に足をつけ、黙々と坦々と。
| Admin | Write | Res |
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
こんなやつです
HN:
mahae
性別:
非公開
自己紹介:
東北出身、南の島在住。
日々それぞれ
あの〜
[09/27 まみたん]
[09/14 まみたん]
ブログ内検索
フェリーに乗ること15分。



桜島観光して来ま~す。



市電の走る鹿児島市。

アタシが子供の頃 故郷でも走ってた。

方向音痴のアタシは 市電でさえ 反対方向に乗ってた。

でも
市電は路面電車 同じところを行ったり 回ったり。
必ず元に戻ってこれるんだった。

乗りたかったなぁ…



よ〜〜く見ていただきたい 路面上に芝生が生えてるんですよ!!
ただ 残念なことに この芝生 軌道上全面ではな〜い。
ここは 鹿児島駅前で 鹿児島の顔。
郊外に行くと 鉄さびの茶色い路面だった。

数年すると 全軌道上芝生になってるかな?

確認に来なきゃねぇ。。
指宿と言えば 砂むし!

で良く見かける光景。



海岸沿いのよしずの下



潮騒を子守唄に 潮風をゆりかごに 



熱くて 熟睡なんて 出来っこない!!



はじめは 砂の重みと暖かさで ほわほわ〜
時間が経つにつれ 尾てい骨・かかとがジンジンジン 

もぞもぞしながら想像した 
『きっと赤くなるんだろうなぁ。。』
『このあと温泉に入ったら みんな 赤いんだろうなぁ。。』
 
案の定 砂むし行った方は 赤かった!!



ですよねぇ
さっすが 活火山の近く。
ふれあいプラザ なのはな館

宇宙基地みたい!?



こっちは温泉施設 だけど 今日は休館日。

部屋から見えるお向かいの島観光。



梅雨のはずが、両親来島後はスンゴク良い天気。
やっぱりアタシは晴れ女なんだろうなぁ。
両親に楽しんで欲しいって気持ちが通じてるに違いない!!



水牛車に乗って。



父、大喜び。
でも、珊瑚が敷かれてる道は歩きにくそうだった。



出不精の父が遥々来てくれた。
70過ぎの両親が健康でいてくれる事に感謝。



アタシを心配しながらも、アタシの好きにさせてくれてありがとう。
貴方達の娘に生まれて、アタシは幸せです。
公園内から蔵王連峰。



本物のアンモナイトもあるの。



池の回りの樹のほとんどが桜!!見事だろうなぁ。



矢印の方向に水が流れる滝。
水が流れてたら、このくぼみに気づく人は少ないだろうなぁ。



夜のニュースでクロッカスの存在を知った。
ここは広いので、仕事場(遊具があるエリア)以外は歩き回ったりしなかったのよ。
そんなのつまんないねぇ〜!って事で、翌日はお弁当を持ってプチピクニック。



故郷のみなさんはもうお気づきでしょう、ここがドコか。
遊びに行く機会があったら、アタシの仕事ぶりも見て来てねぇ。
ただし、あの遊具は子供専用なの!!
小さいお子さんと一緒なら良いみたいだけど。
でもね、大人が遊んでも楽しいよ。
非日常の体験が出来るのよねぇ(経験者ですから)。
食べも食べたり、“かき”殻が一斗缶に6・7分目。



数年前も同じ人数で訪れたけど、そん時は山盛りになったっけなぁ。
さすがに食が細くなったか?
イヤイヤ、帰郷してから『空腹』を感じる暇がないほど食べまくってた。
だって、何を食べても美味しいんだもの。
一緒に食べ・呑み・会話する友人がいるからさ〜。

今シーズンで食された“かき”の殻。



アタシが訪れた日は、“かき小屋”最終日の前日。
一週間遅れてたら食べられなかったのね。

曇りの日本三景。



3月1日から連日、家族の結婚報告と称してたくさんの方々と会った。
みんなの笑顔はアタシの大事な宝物だゎ。
あたしと出会ったみんな〜〜、ありがとうねぇ。
3月8日、故郷での観光名所であろう日本三景にある“かき小屋”に友人と行っちゃいました。
正月太りが戻らないのに!と思いながらも食欲には勝てず。。

鉄板に地元のおばさまがスコップ(マジで土建業の方が使ってるあれです)でドーンと“かき”をのせちゃいます。



フタをして待つ事しばし。



おばさま曰く「“かき”の汁が出て来たら食べられるからねぇ」
さ〜て、戦闘開始!



ここは食べ放題。
ひたすら“かき”を開けまくり食べまくる。



うますぎる〜〜(=^▽^=)
2月16日、夕方まで時間があったので行ってみた。
以前から行ってみたかったので、ホテルをこの側にしたんだもんね。

館内は撮影禁止だから建物だけでも。
正面


エントランスから


側面


詳しくはメディアが取り上げてるので割愛。

この県で感じる事。
器がとっても立派なんだけど中身が・・・
惜しいなぁ。
あくまでもアタシの好みですのであしからず。

夜、最大の目的!!
新たに親戚付き合いが始まるであろう方々とお会いした。
キッチリと親としての役目を果たしたであろうアタシ。
頑張ったぞぉ(力こぶ)

解散後、多少なりともストレスを抱え夜の那覇へ。
で、ここで嬉しい出会いが。

南の島へ引っ越す前に知人から紹介されたが、本島は通過地点に過ぎなかったのさ。
2年間一度も連絡を取る事がなかったけど、電話番号は登録してあったのねぇ。
初めて電話したら「どちらの○○(アタシの名字)さんですか?」
彼女もアタシの番号を登録してたのよ。

日付が変わる頃に訪ねたにも関わらず温かく迎えてくれて、ホテルへの帰り道は新聞配達の方とスレ違う時間になっちゃってた。
また一人、ハグする人と出会えた嬉しい一日でした。
大阪4日目はここに行った。



入り口がちっちゃくて???





地下が展示室になってたのねぇ。

まぁ、それなりに感心はするけど興味はなかったね。

南の島で出来ない趣味の一つ、成分献血をして健康チェック。
最近気になってたコレステロール値、どんな結果になってるか少々不安。。

どうしても外せない大好きな店へ立ち寄り〜〜。
機能美を備えた道具類を見てるだけで幸せ!ではすまなかった。
大袋を抱えて・・・
自分へのご褒美が少しだけ多くなっちゃったかも。
でもね、道具が美しいと仕事が楽しくなるのよ。
と、言い訳ね。
phot by Art-Flash * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you