地に足をつけ、黙々と坦々と。
| Admin | Write | Res |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
こんなやつです
HN:
mahae
性別:
非公開
自己紹介:
東北出身、南の島在住。
日々それぞれ
あの〜
[09/27 まみたん]
[09/14 まみたん]
ブログ内検索


26インチの液晶TVがやって来た!!!

引越以来TVの無い生活を送ってた。
ドラマはネットであらすじを読み、ニュースは新聞・ラジオ・ネットで。
芸能界・CMには疎く、ん??って事もあったけど、生活には困らない。

が、去年家に来てくれた友人がかわいそうがって送ってくれたのだ。
友人曰く、「今度遊びに行く時に見るから、私(友人)のTVを送ったよ。
それまでは○○(アタシ)が見てて良いよ。」と。
あ〜た、新品のしかもお高い代物ですよ。。。

友人の優しさに目頭が熱くなり、しかし、こんなことをしてもらうような人物なのだろうか?と、自問した。
アタシは友人に何もしてあげた事が無かったと思う。
それなのに。

感謝してもしきれないこの気持ちは、アタシがこの島で元気に暮らし、手績ぎによる着物(洋服に仕立てた物でも)で返すしかないだろう。
友人はTVと目標という2つのプレゼントをしてくれた。
新たなる目標が出来てワクワクしてる。
ありがとうよ〜〜 IKちゃん。

このTVは地デジ対応なんだけど、この南の島ではもしかすると。



12億円の新たな送信機が必要になるらしいが、採算割れのため民放だけでの整備が困難らしい。
最悪、NHKだけの放送になるかもしれない。

国に働きかけるための署名に協力した。
ミサイルと戦車を少しだけ減らせば出せる金額じゃないか。
首都圏の民放も、沖縄ブームを流すだけじゃなく、こんなことも特集して欲しい。

が、時代に逆行する事があっても良いのかも、とも思ってしまう。
宇宙服の究極が手績ぎの素材だったり。。。
想像したら楽しいなぁ。
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass
phot by Art-Flash * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you