地に足をつけ、黙々と坦々と。
| Admin | Write | Res |
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
こんなやつです
HN:
mahae
性別:
非公開
自己紹介:
東北出身、南の島在住。
日々それぞれ
あの〜
[09/27 まみたん]
[09/14 まみたん]
ブログ内検索
木曜日・金曜日と蚊に刺されまくりで、かゆいったらありゃしない。
ベランダ晩酌では蚊取り線香が必需品の南の島。
金曜日から、蚊取り線香の煙の中で星を眺めてた。

土曜日は月一の趣味の会。
今回(本当は前回からなのだが、帰郷のためお休み)から素材は絹。
繭を染めて糸を紡ぐ。
かなり暑い(最高気温27.6℃)中、染液を煮出しての作業に汗ダラダラ。
いい色に染め上がったよ。

で、本日も晴れ(最高気温27.9℃)
昨夜ベランダで涼んでたら、ハッキリ流れ星を見ちゃった!
何か良い事がありそうだなぁ。。。と思ってたら。
南の島の知人から、ヨットセーリングのお誘いが。
行って来ましたよぉ〜〜。

目的はヨットの船底掃除。
シーズン外はマリーナに泊めっぱなしだから、船底に貝(ふじつぼetc)が付いちゃうらしいの。
試運転も兼ねて、綺麗な海で貝類を取るお手伝い。

水温が低い(24℃)から、ウェットスーツ二枚重ねで作業開始。
ヨットって舟底が深くて、長いところでは3m以上。
ダイビングが出来る人はタンクを背負って潜りながらの作業。
アタシはシュノーケルで水面際の作業。

潮の流れがあったので、ホバリングって言うのかその場に留まってるのが大変。
立ち泳ぎやラッコ泳ぎの練習にもってこいだったわぁ。

マリーナから作業ポイントまでの移動中、釣り針を流してたのね。
そしたらお魚ゲット!!
しかも、海人さえもなかなか釣れない何とか鰹ってのが釣れちゃった。
体長80cmくらい、重さ5kgくらい。
アタシ達が作業をしてる間に船長さんがさばいてくれて、作業後にいただきま〜〜す。
血合いすら鰹特有の臭みがないのよ。
うんまかったぁ〜〜。

詳しくないけど、ヨットって風と仲良しになれなきゃ進まないの。
アタシ達が行きたい方向に風が吹いてくれると、ただ帆を張れば良いだけ。
でも、目的方向に吹いてないといろんな事をして風を捉えなきゃいけないの。
幸い今日は往復好い風が吹いて、一気に帰って来れたぁ。

昨夜の流れ星は今日を暗示してくれてたんだなぁ。
と〜〜〜〜〜っても嬉しい休日だったぁ。
アタシの体に楽しかった痕跡が残ったしね。
サングラス&水着焼けが。

残念な事にデジカメがないので、画像で伝えられないのよねぇ。
これって、アタシの文才が試されてるんだろうなぁ。
ん〜〜ん、伝わったかなぁ。
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass
phot by Art-Flash * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you