地に足をつけ、黙々と坦々と。
| Admin | Write | Res |
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
こんなやつです
HN:
mahae
性別:
非公開
自己紹介:
東北出身、南の島在住。
日々それぞれ
あの〜
[09/27 まみたん]
[09/14 まみたん]
ブログ内検索
これが痛い(;_;)



よし これの場所は覚えたぞ!



奥にもあり ここだけで8人が就寝。



ここで揺られます。



酔い止め飲んだから 無敵だぁい、
明日の夕方 沖縄本島に到着するまで 音信不通になります。

出発(^_^)/~~



追伸:寄港の度に更新してしまった。

(18:33)
美ら島沖縄総体が行われるので。



3度目は余裕の乗船。



これで出航時間が遅れた。



この方も待っている。



いまでも ドラ を打つんだぁ。。

ありがとう 桜島。


故郷を出て5日 まったく雨が降らなかった。
この時までは。。



大正3年に大噴火したときに埋没した黒神埋没鳥居。
この鳥居を見るつもりはなかった。
入浴にたっぷり時間を割いたので ただ単に 一周するだけで走り出した。
10分もしないうちに 大粒の雨
素晴らしいタイミングだなぁ と 感心しながら 南国特有のスコールを
注意しながら楽しんでた。

フッと目に入った看板 黒神埋没鳥居

歩くには ずぶ濡れになる大雨なので 『ここなんだぁ〜』と通り過ぎようとしたら 道路から見える!!
カメラを用意して シャッターを押すときだけ窓を開けたのに 内ドアは思いっきり濡れてしまった。
以前 オバァが言ってたっけ。
「興味半分で近づくんじゃないよ。」
そうか 多分晴れてたら アタシは調子こいて 鳥居の近くに行ってただろう。
大雨は アタシを鳥居に近づけない為に降ってくれたんだろうな。

桜島を後にした時には こんな天気ですから。



自然への感謝と畏怖を改めて感じた。

桜島の噴煙をおみやげに頂いちゃった


ほんとうに危険です。





爆発しちゃったら もちろん近づかないよ。



70〜80年でしょうか。




溶岩も50年ほどたつと緑に変わる。



いつの噴火か 大噴火の溶岩流で島が埋め尽くされた。



火砕流や土石流の誘導路。





地球はまだまだ死んじゃいないよ。
この島 最大の目的。

こんな 斜めに移動するエレベーターってあるんだなぁ



先客数名。



わかります??



手前が混浴露天風呂 奥が海。
角度を変えて撮ると 温泉と海が一体化しちゃう!!



先客は男性グループ でも ここのお風呂は 浴衣を着ての入浴。
出来れば裸で入りたかったなぁ。
まめ知識。



アタシは車で一周するのに 6時間かかったけどね。



滞在中 ずっと雲が掛かってて全容を見ることが出来なかったが
鹿児島市内に戻ってから(携帯じゃ撮れなかったけど)噴煙を見た。
あの噴煙がこれ。



いたるとこ 細かい砂?が落ちてる。
で風向き予報もしてた。

こんな待避・避難所も島内いたるところにあった。
小中学生はヘルメットかぶって登下校。



修学旅行で昭和新山を見た時は 浮かれてて 何も感じなかった。
一人で来れる機会があって良かった。
活火山の活動を考えたら 人間の時間なんて ほんとにちっぽけなんだなぁ。
誘導されるままフェリーに乗り込んだものの
『降りる時はバックかなぁ。。』なんて考えてた。

ところが あ〜〜た!!

乗船口の反対側が開いて下船口になったじゃないの!!

乗船時間が短いのに 乗り降りで時間がかかっちゃ 本末転倒だものねぇ。 



最初に向かったのがここ
 


ググったらわかるだろが すんごく長い=====
利用時間前の到着だったので ここはスルー。



いやいや ここは眼中にないのよ。
アタシ好みを検索スミですから。。
フェリーに乗ること15分。



桜島観光して来ま~す。



<< 次のページ   前のページ >>

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
phot by Art-Flash * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you