地に足をつけ、黙々と坦々と。
| Admin | Write | Res |
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
こんなやつです
HN:
mahae
性別:
非公開
自己紹介:
東北出身、南の島在住。
日々それぞれ
あの〜
[09/27 まみたん]
[09/14 まみたん]
ブログ内検索
CONVOYの公演があった『福岡サンパレス』
コンサート・オペラ・バレエ・演劇などが行われるホールは、国内第一級といわれる音響設備と機器を備えているそうです。

で、ホールと言えばここも外せないなぁ。
行ってきました『博多座』
残念ながら時間と演目がかみ合わず、建物だけですが。



福岡の演劇文化を担う一大劇場。
歌舞伎・ミュージカル・宝塚歌劇などの演劇や、多彩なプログラムを月替わりで上演しています。
10月は大地真央のミュージカル『風と共に去りぬ』でした。
丁度終演だったのでしょうね、パッと見オバ樣方がたくさん出ていらっしゃいました。
しばらくすると修学旅行の団体様。
思いっきりおのぼりさんの観光客を観る様な視線もなんのその、しっかり撮影しましたよ。



で、『博多座』の向かいが『福岡アジア美術館』
「現代中国の美術展」を開催中でしたが、興味がないので建物だけ。



銀色を削って使った一日フリー乗車券。
初乗り180円、5〜6区間から220円、細々移動したから倍(1,200円)以上乗っちゃいましたよ。
南の島でもフリー乗車券を活用したんだけど、あれっ??
故郷にもあったのかなぁ。
100円バスにも乗った事なかったし。



忘れてたけど、福岡市美術館から西新へ行くために待っていたバス停で。
福岡城址の向かい側だったんです。
黒田長政五十二万石の居城で、天守閣は造られなかったと言われていて、総石垣にて築城されました。
伊達政宗六十二万石を思い出して、親近感を持ったので撮影しました。
でも仙台藩は、実高100万石を越える米の生産量を確保していたし、一説には江戸中期には300万石を超えていたと言われるそうですよ。



まだまだ暑い南の島
狭い部屋を掃除していたら、滝の様に汗が流れて来ます。
でも、この汗が気持ち良いんです!!
きれいな部屋で主婦仲間をお出迎え。
土曜日が待ち遠しいなぁ。
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass
<< 福岡観光  │HOME│    福岡観光 最終 >>

[106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96]
phot by Art-Flash * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you