地に足をつけ、黙々と坦々と。
| Admin | Write | Res |
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
こんなやつです
HN:
mahae
性別:
非公開
自己紹介:
東北出身、南の島在住。
日々それぞれ
あの〜
[09/27 まみたん]
[09/14 まみたん]
ブログ内検索
お散歩途中のホウオウボク。
今年はマラカスつくれるかなぁ。。



本日もキレイな夕焼け。





コースターが織り上がったので、明日次の糸をのせるんだぁ。
楽しく織れると良いなぁ。。
感動した映画の話をしてた昨夜、名前が出て来なくて
いろんな事が忘却の彼方へ。
ってか、もともと容量が少ないんだろうなぁ。。。

今日、知人のお引越お手伝いに出掛けたら!!
そう、これを見て「オーロラが出る所に行けばアタシも・・・」
と思ったんだっけなぁ。



欲しいと言って頂いてきた。

ビデオを見れる環境がないので、DVDに落としてもらおうか。。。

引きずりまくりだけどしょうがない。
いろんな経験をしてきたから今のアタシがいるんだもの。

しっかし、トンと映画を見てないなぁ。。。
故郷では会員制の映画館が近所にあったので、自転車飛ばして観に行ってたんだったぁ。
情報をキャッチするアンテナの感度が良かったが、今は自然へシフトしてる。
朝焼け・夕焼け・月の満ち欠け・海の色・風の心地良さ・生き物・植物etc
身近な事に感謝・感動できる。

本日、台風後のベランダ風景。



真っ青じゃないけど、海水温度が低くなって珊瑚君が元気になってくれたら良いねぇ。
しばらくご無沙汰してたので、近況報告をば。

台風7号(カルマエギ)は典型的な風台風で、3日間吹きまくってた。
なので、引きこもり織り姫。
次の準備も怠りなく。

カルマエギが通過して豊年祭。
畑人の方々にいろいろ教えてもらい、心から豊年を祈った。
2年間、物見遊山で出掛けなかったのは、このためだったんだろうなぁ。

豊年祭後、二期米の種まきお手伝い。
そう!!
故郷での『豊年』とは秋を連想してたけど、ここ南の島ではもう収穫が済んでるんだよぉ。。

台風8号(フォンウォン)
この子は雨・風ついでに雷、で2日間引きこもりーー。
大事をとって窓際のチェストを移動させたけど被害無し。
チェスト裏を掃除して、ついでにいろいろ掃除&整理したり。。

ただただ単にさぼってたので、一気に8話upです。
あんまり溜め込こんでしまってたので、写真だけですが。。。
穏やかに過ごそうとしてたのに忙しかったぁ。。

6時まで起きて彼を偲んでたので、モソモソとダラリンと何となくブランチ(朝食でもなく昼食でもない、11時の食事)を食し、再び睡眠をとウトウトしていたら

お昼一緒に食べよぅ

何故かシッカリ食べれて、ごちそうになっちゃった。
が、この方。
いままでアタシの事、なんにも聞かなかったのに今日に限って聞くの。
ご主人は?
?????
で、話しました。

。。。。。

そうかぁ、だからいまのアンタがいるんだぁ。。。って納得してた。

パイナップル持って訪ねて来た方。

夕飯食べてるからおいでよ、と誘ってくれた方。

みんなに聞いちゃったさ。

なぜに今日アタシを思い出した訳??

んんん。。。

なんかわかんないけど、アンタに会おうかなぁって思ったって。

ありがとう。

アタシが淋しがらないように彼が差し向けてくれたのねぇ。

そして、それを感じてくれた方々、ありがとう。

アタシは南の島で元気に過ごしてますゼ。
南の島で迎える3回目のこの日。
彼が亡くなる時間帯、今までは毎年悪天候だった。
今年は穏やかな晴れ。
故郷での予報も晴れ。

0:28 撮影


彼と過ごした12年。
トライアングルで過ごした12年。
それぞれが独立して2年。

職場で欠かせない存在になってる彼女。
新しい家族が増える彼。
少しづつながら前進してるであろうアタシ。

きっと彼が安心したから、この穏やかな月夜なのだろう。

1:13 撮影


家族が大好きでいられるアタシって、ホントに幸せだなぁ。
10日

お魚いっぱい。



こんな



こんな海で遊んでた。



帰宅して鍵を差し込んだ。
カシャ 
なんかいつもと違う音がしたような??

エーーーーーーーッ
ドアが少ししか開かない!!

誰もいないはずなのにインロック?っていうの?
ドアチェーンっていうの?
かかってしまってるぅ!!!



時は19時。
不動産屋さんに電話をしても誰も出ないよぉ。
フーッ 今夜ホテルに泊まるかぁ。。
たぶん2・3分くらいの間にいろんな事を考えてた。

フッと下を見るとお隣の方が帰宅。
コレしかない!!
お隣の方に事情を話しベランダを越えさせてもらう事に。

矢印部分のあちら側からこちら側に。



一瞬だけど体はベランダの手すりの外を通過。
無事ロック解除してお隣へ挨拶。

部屋に戻ったら急に足が震え出した。
アタシの部屋はご存知4階。
その高さでベランダ越えしちゃたのよ、アタシが。

今になって思うに、このロック事件には前触れがあったのさ。

海遊び中、ロッククライミングもどきをして
『あれ、アタシってまだまだいけるジャン』
身軽で柔軟性もある!と思ってしまったのねぇ。
で、帰宅してのロック。

右足をベランダの手すりにかけ、左足をベランダの手すりからはずすのに
たぶん5秒もかかっていない。
しかもロックに気づいてから、お隣の方が帰宅するのもほんの数分。

すべてが何かによって仕組まれたとしか言いようがないタイミング。
イタズラ好きの彼が舌を出して笑ってる顔を思い浮かべた。
ちゃんと覚えてるよ、今年は15回忌さ。
この浜辺に通いつづけること10日。



毎日お天気に恵まれ、波風があるときは無理せず(ちょっとドキッとしたことはあったが)お魚達と戯れ、貝殻拾いに熱中し、ボケボケの写真を撮ってた母は明日帰郷します。



一緒に海で遊んだアタシはこんなに焼けちゃった



過ぎてしまえばアッと言う間の22日間。
来年も来るよ と母。
彼女が元気で来島出来るのを願いつつ、アタシも南の島で頑張る事を約束。
次は雪降る故郷で会いましょう。
身長145cm、体重38kgの母。
100均で見つけたプラスチックのイス。
海やベランダで使おうとしてた。



座った瞬間にバキッ。

壊れて尻もちをついた母。
「あ〜ぁ、粗大ゴミを増やしちゃった」

ゴミを出したくないアタシは、事あるたびに
「それはゴミになるから買わないで」と言いながら買い物をしてる。
そんなアタシと生活を共にしてたからの発言。

アタシと母で大笑い。
ヤッパ、家族って良いね。
可笑しすぎてボケボケ。
笑いすぎて涙が出るは、手は震えるは。。。



小顔でシワの多い母、マスクを上手に調整しないと水が入ってくる。
今回度付きのマスクをレンタルしたので試し付け。

マスクを付けたまま部屋をウロウロしてるので

何してるの?
「水に顔をつけてみないとわからないから、洗面器を探してるの」
ないよ。
「じゃぁ、ボールは?」
これでは。
「あっっっ、今度は水が入ってこないよ

天然母です。
今朝の地震、ビックリしました。
アタシが高校生の時発生した“宮城県沖地震”。
今朝の今夜で即断は出来ないけど、建物にしてもライフラインにしても
過去の地震からの教訓がいきているように思うのだが。。。

みんな、変わりないかしら。
<< 次のページ  │HOME│    前のページ >>

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
phot by Art-Flash * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you