地に足をつけ、黙々と坦々と。
| Admin | Write | Res |
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
こんなやつです
HN:
mahae
性別:
非公開
自己紹介:
東北出身、南の島在住。
日々それぞれ
あの〜
[09/27 まみたん]
[09/14 まみたん]
ブログ内検索
芸術の秋なので行ってきました。

2006年度沖縄県芸術文化祭、島めぐり劇場石垣市民会館20周年記念
「琉球舞踊と八重山舞踊の競演ー沖縄芸能の楽しみ方ー」

一部は「琉舞と八重山舞踊の技法の比較」
歩み、男芸・女芸の所作の違い、衣裳の着付け、名称の違い等の解説。
二部は琉舞と八重山舞踊の種目を代表する舞踊の比較。



残念ながら写真撮影は禁止だったので、パンフレットを。



今年9月に人間国宝になった組踊立方 - 宮城能鳳(男性)さんが踊られました。
3列目での鑑賞、こんな身近で『人間国宝』を観たのは初めてです。
『人間国宝』ですから、そんなに若くはないと思われます。
しなやかで軽やかでキレがあり力強かったです。

が、はっきり言ってわかりません。
見慣れないものだからか、私の感受性の問題なのか・・・
踊りって難しいんですね!!
何のためにどうして踊っているのか背景を知らないし、地謡の言葉が方言で解らない。
知りたい分野かも。
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass
<< トックリヤシ  │HOME│    種取祭 >>

[117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107]
phot by Art-Flash * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you